セキュリティ対策ツール バージョンアップに関するQ&A

対象

対象製品:
対象サービス:

バージョンアップに関するQ&A

旧バージョンからバージョンアップするには?
新バージョンのセキュリティ対策ツールが提供される場合は、NTT西日本のスタートアップツールによりお知らせします。
お知らせには、ご契約回線ごとのバージョンアップ手順が掲載されています。
なお、バージョンアップのアクセスが集中した場合は、 多少時間がかかる場合がありますので、しばらく時間をおいて、再度お試しください。
バージョンアップは別途費用がかかりますか?
バージョンアップするにあたり、追加で費用が発生することはありません。
バージョンアップするにあたり、別途契約や申し込みが必要ですか?
バージョンアップに際し、別途契約や申し込みなどは必要ありません。
セキュリティ対策ツールの新しいバージョンが提供開始されましたら、動作要件を確認の上、 ご利用のパソコンにてバージョンアップを実施してください。
スタートアップツールも必ずバージョンアップしなければいけませんか?
セキュリティ対策ツールをスタートアップツールからバージョンアップする場合は、まずスタートアップツールを最新にバージョンアップする必要があります。
スタートアップツールをバージョンアップした後、セキュリティ対策ツールをバージョンアップしてください。
スタートアップツールのバージョンは、スタートアップツールの [ ヘルプ ] [ バージョン情報 ] ボタンをクリックすることで確認できます。
セキュリティ対策ツールをバージョンアップしました。
設定内容等は、引き継がれるのでしょうか?
旧バージョンのセキュリティ対策ツールから新バージョンのセキュリティ対策ツールにバージョンアップした場合、旧バージョンで設定した内容は以下のようになります。
  • ひと世代前のバージョンからバージョンアップした場合、一部を除き、お客さまが設定した内容は引き継がれます。
  • 旧バージョンで作成されたログ(履歴)は、バージョンアップ後のセキュリティ対策ツールでは確認できません。
  • 旧バージョンで作成されたログ(履歴)が必要な場合は、バージョンアップ前にファイル出力を行ってください。
旧バージョンのセキュリティ対策ツールで使用していたシリアル番号は、新バージョンのセキュリティ対策ツールでも使えますか?
バージョンアップがうまくいかない場合は?
インストール時にエラーが表示されたり、インストールが正常に完了できない場合は、 発生している現象により、対処方法が異なってまいります。
以下のサポート情報をご参考ください。
最新バージョンの動作環境をご確認いただいてから、バージョンアップの作業にお進みください。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問