調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問

Internet Explorer が SNSプロテクションで保護されない

概要

セキュリティ対策ツール Ver.9 / Ver.11 / Ver.24 / Ver.26 のSNSプロテクションの設定画面で、Internet Explorer が保護されない場合があります。 この画面が表示されているときは、以下の手順に従って設定をお願いします。

対象

対象製品:
対象サービス:

回答

セキュリティ対策ツールの設定を確認する
  1. セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動します。
  2. メイン画面の [ ( 設定 ) ] をクリックします。

    ※上記画像は、セキュリティ対策ツール Ver.11 のメイン画面を使用しています。
  3. 「コンピュータの保護設定」画面左側の [不正サイト/迷惑メール対策][Web脅威対策] を開きます。
    「セキュリティツールバーを有効にする(対応Webブラウザのみ)」 にチェックが入っていることをご確認ください。
    チェックが入っていない場合は、チェックを入れてください。
Internet Explorerのアドオンの設定を確認する
ご注意
ご利用のブラウザのバージョンにより、画面の文言やボタンの表現が変わる場合があります。
以下の手順で設定が出来ない場合は、ご利用のパソコンのメーカー様でアドオンを有効にする方法をご確認ください。
なお、今回有効の設定が必要なアドオンの名前は、ページ下部に明記しております。
  1. Internet Explorerを起動し、画面右上の [歯車] のマーク、もしくは [ツール] ボタンをクリックし、 [アドオンの管理] をクリックします。
  2. 表示が「現在読み込まれているアドオン」になっていることを確認し、以下の項目が「有効」 になっていることを確認します。
    無効になっている場合は、「有効」に切り替えていただくようお願いします。
    • TrendツールバーActiveX
    • セキュリティツールバー
    • トレンドマイクロIEプロテクション
    • トレンドマイクロセキュリティツールバーヘルパー
    • トレンドマイクロネットワークフィルタプラグイン

  3. 「SNSプロテクション」の設定画面にて、Internet Explorerが保護されているかご確認ください。
このページの情報は、参考になりましたか?