キーワードのフィルタ機能について

概要

[ キーワードのフィルタ ] を有効に設定し、特定のキーワードを登録すると 未登録の電話番号 から送信され、登録したキーワードが含まれる SMS をブロックします。
※ アドレス帳に登録されていない電話番号は、すべて未登録の電話番号として判断します。
ご注意
Android OS 4.4 以降の環境および、一部のタブレットでは、 「 SMS ブロック 」 機能をご利用いただけない為、項目が表示されません。
ブロックした SMS については、携帯電話のメッセージ履歴ではなく、SMS ブロックの履歴に残ります。

アドレス帳、ブロックリスト、または承認済みリストに登録されていないすべての電話番号からの SMS で、あらかじめ登録されたキーワードが文章内に含まれていた場合、フィルタ機能によりブロックされます。
未登録の電話番号から、特定のキーワードを含む SMS を受信した場合は、このアイコン で表示します。

このアイコン は、ブロックリストに登録されている番号からの SMS であることを示しています。
ブロックした SMS の発信者名は、ブロックリストで登録された名前が表示されます。

ブロックリストに拒否する情報を追加する場合は、 以下の関連情報をご覧ください。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

  1. セキュリティ対策ツール for Android を起動します。
  2. セキュリティ対策ツール for Android のメイン画面をスクロールし、[ 迷惑着信対策 ] をタップします。
    ※ 一部のタブレットでは、「迷惑着信対策」 の項目が表示されません。
  3. [ SMS ] タブをタップします。
  4. [ キーワードのフィルタ ] のチェックボックスをタップし、チェックを入れます。
    続いて [ キーワードの設定 ] をタップします。
  5. ブロックするキーワードを入力します。
    今後、未登録の電話番号から送られる SMS に、このキーワードが含まれるとブロックします。
    キーワードが複数ある場合は、半角のセミコロン( ; ) で区切ります。
    追加出来ましたら [ 保存 ] をタップします。
  1. セキュリティ対策ツール for Android を起動します。
  2. セキュリティ対策ツール for Android のメイン画面をスクロールし、[ 迷惑着信対策 ] をタップします。
    ※ 一部のタブレットでは、「迷惑着信対策」 の項目が表示されません。
  3. [ SMS ] タブをタップします。
  4. [ キーワードのフィルタ ] のチェックボックスをタップし、チェックを外します。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール方法
再インストール方法
アンインストール方法
動作環境
基本的な機能
アプリの安全性チェック
Web脅威/ネットワーク対策
メッセンジャー対策
保護者による使用制限
端末の最適化
アプリの管理
迷惑着信対策
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問