Yahooメッセンジャー 9.0にてエラーが表示される事象について

はじめに

「フレッツ・光プレミアム」および「フレッツ・v6アプリ」をご利用のお客さまへご提供しております、 セキュリティ対策ツールをご利用のお客様で、Yahooメッセンジャー 9.0以降のバージョンをご利用の場合、 エラーメッセージが表示される事象を確認しております。

対象

対象製品: セキュリティ対策ツール Ver.1 セキュリティ対策ツール Ver.2
セキュリティ対策ツール Ver.15 セキュリティ対策ツール Ver.16 セキュリティ対策ツール Ver.17
対象サービス: フレッツ 光ネクスト フレッツ・光プレミアム フレッツ・v6アプリ

事象

セキュリティ対策ツールの個人情報保護機能が有効の状態で、Yahooメッセンジャー9.0以降のバージョンを起動しインスタントメッセンジャー機能をご利用になられると 以下のエラーメッセージが表示される場合があります。


大変申し訳ございません、Yahooメッセンジャー9.0はサポート対象外となっております。
Yahooメッセンジャー9.0とセキュリティ対策ツールを併用いただく場合は、個人情報の保護機能を無効にしてセキュリティ対策ツールをご利用くださいますようお願い申し上げます。

個人情報の保護機能の無効手順 (Ver.2、Ver.17をご利用のお客様)

「セキュリティ対策ツール メイン画面」を起動→「フィッシング詐欺/迷惑メール対策」→ 「個人情報の保護」→「有効」をクリックします。 (※すでに無効と表示されている場合は、本操作は不要です。)

「設定を変更しました。Webブラウザを起動中の場合、変更を適用するにはWebブラウザの再起動が必要です。なお、本機能を有効にすると、お客様がアクセスしたURLの情報が、暗号化されたうえでサーバに送信されます。サーバに送信されたURL情報は、Webサイトの安全性の確認、および本機能の改良の目的にのみ利用されます。」

とメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。
以上で設定の変更が完了となります。

個人情報の保護機能の無効手順 (Ver.1、Ver.16をご利用のお客様)

「セキュリティ対策ツール メイン画面」を起動→「有害サイト/迷惑メール対策」→ 「個人情報の保護」→「有効」をクリックします。 (※すでに無効と表示されている場合は、本操作は不要です。)

「設定を変更しました。Webブラウザを起動中の場合、変更を適用するにはWebブラウザの再起動が必要です。」

とメッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。
以上で設定の変更が完了となります。

個人情報の保護機能の無効手順 (Ver.15をご利用のお客様)

「セキュリティ対策ツール メイン画面」を起動→「フィッシング詐欺/迷惑メール対策」→ 「個人情報の保護」→「有効」をクリックします。 (※すでに無効と表示されている場合は、本操作は不要です。)

以下メッセージが表示されますので「OK」ボタンをクリックします。

このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問