調べたい内容を探す
インストール関連
インストール方法
再インストール方法
アンインストール方法
動作要件
ダウンロード
基本的な機能
ウイルス対策
プライバシー設定チェッカー
Web脅威対策
有害サイト規制
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問

特定のファイルをウイルス検索から除外する方法

概要

セキュリティ対策ツール for Mac にて、ウイルススキャンの例外設定についてご説明します。
セキュリティ対策ツール for Mac では、特定のファイルやフォルダを例外的に除外することが可能です。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

  1. セキュリティ対策ツール for Mac のメイン画面を開きます。
  2. 画面左側のメニューから、[スキャン] をクリックします。

    ※ 上記画像はセキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.2 ) のメイン画面を使用しています。
  3. [設定の変更] をクリックします。
  4. 「スキャン」 画面左下の カギのアイコン をクリックして、Mac にログインする際のユーザ名とパスワードを入力します。
    設定の変更が可能になりますので、「例外設定」[リストを編集] をクリックします。
  5. 「例外設定」 画面が開きます。
    スキャン対象から除外する任意のファイル、フォルダ、ファイル形式を選択し、画面左下の [+] ボタンをクリックします。
  6. 例外設定画面にて、スキャン対象から除外する任意のファイル・フォルダ、ファイル形式を追加します。
    • ファイル、フォルダを追加する場合
      任意のファイル、フォルダを選択し、[追加] をクリックし、次の画面で [完了] をクリックします。


      例外設定に登録されると設定画面にて以下のように表示されます。
    • ファイル形式を追加する場合
      画面左下の [+] ボタンをクリックし、枠内にファイルの拡張子を入力して [完了] をクリックします。


ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームもあわせてご利用ください。
お問い合わせフォーム
このページの情報は、参考になりましたか?