不正変更の監視モジュール修正プログラムの公開について

概要

「フレッツ 光ネクスト」、「フレッツ・光プレミアム」および「フレッツ・v6アプリ」をご利用のお客さまへご提供しております、 セキュリティ対策ツールの不正変更の監視モジュールにおいて、特定条件下での処理が無効化される問題が確認されましたので、 本脆弱性に対する修正プログラムを公開いたします。

なお、通常は自動でアップデートされ、修正モジュールが適用されますが、手動設定をされているお客様につきましては、手動でのアップデートをお願いいたします。
※2010年9月7日現在、この脆弱性を攻撃するマルウェアは発見されていません。
※本脆弱性は、32bit版OSのみ対象です。64bit版は該当いたしません。
ご注意
※アップデート後は、パソコンの再起動が必要となります。

対象

対象製品: セキュリティ対策ツール Ver.1 セキュリティ対策ツール Ver.2 セキュリティ対策ツール Ver.3
セキュリティ対策ツール Ver.16 セキュリティ対策ツール Ver.17 セキュリティ対策ツール Ver.18
対象サービス: フレッツ 光ネクスト フレッツ・光プレミアム フレッツ・v6アプリ

手動でのアップデート方法

  • セキュリティ対策ツール 各バージョン共通
    [セキュリティ対策ツールメイン画面] → [現在の状況] → [アップデート開始]

リリース日時

対象バージョン
実施日
version1 version2 version3
version16 version17 version18
2010年9月7日(火)

主な新機能・修正点

「セキュリティ対策ツール メイン画面」 を起動 → [アップデート/その他] → [アップデート] → [設定] →
[アップデート情報] → [エンジン] の順にクリックします。

「不正変更の監視ドライバ(32bit)」 のバージョン番号が 【2.86.1002】 以降であれば、修正モジュール適用済みです。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートができない
よくあるご質問