セキュリティ対策ツール for Mac の制限事項

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

ご利用のセキュリティ対策ツール for Mac のバージョンをお選びください。
セキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.3 ) をご利用のお客さまはこちらをクリック
セキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.3 ) における既知の制限事項は以下の通りです。
  1. Firefox 向けの拡張機能の説明は英語となっております。
  2. すでに旧バージョンの Trend ツールバー ( セキュリティツールバー ) をご利用の場合、Safari が開いている間は、Trend ツールバー ( セキュリティツールバー ) を新しいバージョンに更新できません。
  3. フォルダシールドのダイアログにおいて 「 今後表示しない 」 にチェックを入れた場合、セキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.3 ) を再インストールしてもダイアログが表示されないままとなります。
  4. HTTPS の URL 判定は、評価のみが行われ、ブロックは行われません。
  5. Google+ および LinkedIn においては、ウェブサイト上の制約によりプライバシー設定チェッカーの表示はできません。 ご利用の場合はツールバーより 「 SNS のプライバシー設定をチェック 」 を選択してご利用ください。
  6. メイン画面を最小化してシステム終了または OS 再起動を行った場合、OS 起動後にメイン画面を表示できない場合があります。 OS 側での仕様制限のため、発生時にはメニューバーのカプセルアイコンからセキュリティ対策ツール for Mac をいったん終了させる必要があります。
  7. Safari 12.0 / 11.0 / 10.0 では、「 Web 脅威対策 」、「 URL フィルタリング 」、「 URL の安全性表示 ( Google / Yahoo! Japan の検索結果内及び Gmail 内のみ対応 ) 」 の機能がご利用いただけます。
    「 プライバシー設定チェッカー 」、「 SNS プロテクション 」 の機能についてはご利用できません。
  8. mac OS 10.14 ( Mojave ) の環境でタイムカプセルをマウントするたびに通知が行われます。
    セキュリティ対策ツール for Mac 自体の通知を OS から OFF にしてもマウント毎に通知が行われれるままとなります。
セキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.2 ) をご利用のお客さまはこちらをクリック
セキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.2 ) における既知の制限事項は以下の通りです。
  1. Firefox ブラウザのセキュリティの設定を 「 履歴を一切記憶させない 」 に設定しているとアドオン設定で Trend ツールバーを有効化していても、Trend ツールバーが表示されません。
  2. Safari で SNS プライバシー設定チェッカーを実行する際には、Facebook / Google+ / Twitter / LinkedIn にて 「 常にログイン 」 にチェックを入れておく必要があります。
  3. HTTPS の URL 判定は、評価のみが行われ、ブロックは行われません。
  4. スキャン中に進捗バーが 10% 程度で停止しているように見えることがあります。
    これはスキャンの進捗の算出が完了するまで、進捗率が 10% と表示されるためです。
  5. Mac のペアレンタルコントロールを ON にした状態で、セキュリティ対策ツール for Mac の有害サイト規制機能を ON にするとウェブサイトのブロック画面が出るまで時間がかかることがあります。
  6. メイン画面を最小化してシステム終了または OS 再起動を行った場合、OS 起動後にメイン画面を表示できない場合があります。 OS 側での仕様制限のため、発生時にはメニューバーのカプセルアイコンからセキュリティ対策ツール for Mac をいったん終了させる必要があります。
  7. 圧縮ファイルをスキャン対象外にしていても、リアルタイムスキャン以外でスキャン対象となります。
    スキャン設定の 「 圧縮ファイルのスキャン 」 のチェックボックスはリアルタイムスキャンのみ有効のため、設定を無効に設定している場合でも、手動スキャン / 予約スキャンで、圧縮ファイルも検索が実施されます。
    もし検知されてしまった場合は、ログより復元することが可能です。
    ※ パスワード付きの圧縮ファイルは検索されないため、あらかじめパスワード付きの圧縮ファイルにすることで、本件を回避することは可能です。
  8. Firefox 向けの拡張機能の説明は英語となっております。
  9. すでに旧バージョンのセキュリティツールバー ( Trend ツールバー ) をご利用の場合、Safari が開いている間は、セキュリティツールバー ( Trend ツールバー ) を新しいバージョンに更新できません。
  10. Google+ および LinkedIn においては、ウェブサイト上の制約によりプライバシー設定チェッカーの表示はできません。
    ご利用の場合はツールバーより 「 SNS のプライバシー設定をチェック 」 を選択してご利用ください。
  11. Safari 12.0 / 11.0 / 10.0 では、「 Web 脅威対策 」、「 URL フィルタリング 」、「 URL の安全性表示 ( Google / Yahoo! Japan の検索結果内及び Gmail 内のみ対応 ) 」 の機能がご利用いただけます。
    「 プライバシー設定チェッカー 」、「 SNS プロテクション 」 の機能についてはご利用できません。
セキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.1 ) をご利用のお客さまはこちらをクリック
セキュリティ対策ツール for Mac ( Ver.1 ) における既知の制限事項は以下の通りです。
  1. プライバシー設定チェッカーで Google+ のタブを開いた後に Google+ のプライバシー設定を他のデバイスまたは別のブラウザで変更した場合、その変更はプライバシー設定チェッカーではスキャンされません。
  2. Facebook の一部の設定やユーザーリストは、プライバシー設定チェッカーではスキャンされません。
    これらの設定やリストは、Facebook 上でのみ変更可能です。
  3. Google Chrome でセキュリティツールバーの拡張機能を削除すると Google Chrome の拡張機能のブラックリストに追加され、再び有効にすることはできません。
  4. Firefox の機能で 「 履歴を一切記憶させない 」 を有効にしている場合、プライバシー設定チェッカーでプライバシー設定をスキャンすることができません。 スキャンを行うには、Firefox でこの設定を無効にするか、他のブラウザを使用してください。
  5. 本製品の Web 脅威対策は、HTTPS サイトをスキャンしていません。
    ※ 除外設定としての登録を行うこともできません。
  6. 本製品は、*.pac プロキシをサポートしておりません。
  7. ウイルスが検出された際、ファイルのフルファイルパスが長すぎるとログ履歴、隔離リスト共に検出場所のフルパスをすべてみることができません。
    ※ ファイルパスにカーソルを合わせると、フルパスが表示されます。必要な場合はスクリーンショットを取得してください。
  8. Safari 8.0 環境のセキュリティツールバーを有効にした環境において、セキュリティツールバーの起動が2秒以上必要となってしまった場合、セキュリティツールバーは動作しません。
  9. プライバシー設定チェッカーを Firefox 33 環境で動作させた場合、タブのアイコンが表示されません。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームもあわせてご利用ください。
お問い合わせフォーム
このページの情報は、参考になりましたか?