Internet Explorer の設定で 「 TLS 」 が有効か確認する方法

概要

インターネット通信で使用する暗号化方式 「 SSL3.0 」 において、脆弱性が発見され、暗号化されている通信の内容が漏えいする可能性があります。
ブラウザーで 「 SSL 」 を無効化し、「 TLS 」 を有効化することをお勧めいたします。

Internet Explorer の設定の確認方法

Internet Explorer の設定で、通信設定の 「 TLS 」 が有効になっているか確認する方法は、以下をご覧ください。

  1. Internet Explorer を起動します。
  2. Internet Explorer の画面右上にある 「 歯車 」 のボタンをクリックします。
    ( 「 ツール 」 ボタンが表示されている場合もあります )
  3. [ インターネットオプション ] をクリックします。
  4. インターネットオプションの[ 詳細設定 ] タブをクリックします。
  5. 詳細設定タブの 「 設定 」 メニューを下にスクロールさせ、「 セキュリティ 」 の項目をご確認ください。
    設定が以下のようになっていることをご確認ください。
    • 「 SSL 2.0 を使用する 」 のチェックを外す ( オフ )
    • 「 SSL 3.0 を使用する 」 のチェックを外す ( オフ )
    • 「 TLS 1.0 を使用する 」 のチェックを入れる ( オン )
    • 「 TLS 1.1 の使用 」 のチェックを入れる ( オン )
    • 「 TLS 1.2 の使用 」 のチェックを入れる ( オン )


    これらの設定になっていない場合は、上記のように設定を変更していただき、[ 適用 ] → [ OK ] をクリックします。
    念のために、設定の変更後は Internet Explorer を再起動していただくようお願いします。
    ご注意
    設定の変更ができない場合、ご不明点については、ご利用のパソコンのメーカー様にご相談をお願いします。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問