アプリの安全性チェックで特定のアプリが検出されないように例外設定する

概要

セキュリティ対策ツール for Android によるアプリの安全性チェックの対象から除外するアプリがある場合は、そのアプリを承認済みアプリのリストに追加します。
ご注意
承認済みアプリに登録したアプリは危険性をチェックしないため、この機能を使用する際はご注意ください。
※ 不正アプリについては、例外設定できません。

対象

対象製品:
対象サービス:

手順

  1. セキュリティ対策ツール for Android を起動します。
  2. [ アプリの安全性チェック ] をタップします。

追加方法によって手順が異なります。以下から追加方法をお選びください。
アプリの安全性チェックの履歴から承認済みアプリに追加する
  1. [ 履歴 ] タブをタップします。
  2. [ アプリの安全性チェック ] をタップします。
  3. アプリの安全性チェックで検出した履歴が表示されますので、承認済みアプリに追加したいアプリをタップします。
  4. [ 承認 ] をタップします。
  5. 「選択した項目を承認済みリストに追加しました。」 のメッセージが表示されましたら、承認済みリストへの追加は完了です。
アプリの安全性チェックのスキャン結果から承認済みアプリに追加する
  1. [ スキャン開始 ] をタップします。
  2. しばらくお待ちください。
  3. アプリの安全性チェックで検出した結果から、[ ○件のアプリ ] をタップします。
  4. 検出されたアプリ一覧が表示されますので、承認済みアプリに追加したいアプリの右側にあるチェックボックスにチェックを入れます。
  5. [ 承認 ] をタップします。
  6. 「選択した項目を承認済みリストに追加しました。」 のメッセージが表示されましたら、承認済みリストへの追加は完了です。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール方法
再インストール方法
アンインストール方法
動作環境
基本的な機能
アプリの安全性チェック
Web脅威/ネットワーク対策
メッセンジャー対策
保護者による使用制限
端末の最適化
アプリの管理
迷惑着信対策
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問