調べたい内容を探す
インストール関連
インストール方法
再インストール方法
アンインストール方法
動作環境
ライセンスキーについて
基本操作関連
起動・基本操作方法について
各設定画面詳細について
ログの確認方法について
アラート関連
アラート画面について
トラブル / その他
よくあるご質問
用語集

POST ガード設定内のリスト操作について

概要

POST 送信時に検知される不適切なキーワードの設定 及び、 POST ガードしない送信元サイトのリストの追加、削除、編集を行います。

説明

  1. 「セキュリティ機能見張り番」のメイン画面を表示します。
  2. [設定] をクリックします。
  3. 設定画面上部にあります、[POSTガード] をクリックしていただき、 条件について設定希望の場合は、[条件] を、 POSTガードをしない送信元サイトに関して希望の場合は、[サイト] をクリックし、 ご希望の操作を以下から選択し、ご覧ください。
リストへの追加方法
  1. [リストに追加] をクリックし、不適切なキーワードとして検知させたいキーワードを入力します。
  2. Enterキーを押すと、反映されます。
リストから削除方法
  1. 削除したいキーワードをクリックし、[リストから削除] をクリックします。
リストの編集方法
  1. 編集したいキーワードをクリックし、[リストを編集] をクリックします。
  2. 設定されたキーワードの編集が完了しましたら、Enterキーを押します。
エクスポート
エクスポートでは、リストのバックアップを取得します。
  1. [エクスポート] をクリックします。
  2. 画面左側より [デスクトップ] を選択し、任意のファイル名を入力しましたら、[保存] をクリックします。
  3. 上記作業後、デスクトップに入力したファイル名でアイコンが作成されていることをご確認ください。

    ※作成されるデータは見張り番のみで扱える拡張子になります。
インポート
インポートでは、エクスポートで取得したバックアップを復元します。
  1. [インポート] をクリックします。
  2. ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
  3. リストが復元されたことをご確認ください。
このページの情報は、参考になりましたか?