URL フィルタ機能を有効 / 無効にするには

概要

URL フィルタ機能の有効 / 無効等の設定方法について、ご案内します。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

ご希望の設定内容を以下から選択してください。
URL フィルタを有効にする
  1. セキュリティ対策ツール for Android を起動します。
  2. [ 保護者による使用制限 ] をタップします。

    ※ 上記画像は、セキュリティ対策ツール for Android ( Ver. 7.0 ) の画面です。
  3. ロックを解除します。
    ヒント
    初めて 「 保護者による使用制限 」 を開く場合は、ロック設定が必要です。
  4. [ URL フィルタ ] タブをタップします。
  5. [ URL フィルタ ] のスイッチをスライドします。
    ※ 初期設定は、 無効 です。
  6. [ 閉じる ] をタップします。
    ※ 設定状況により以下の画面は表示されません。
  7. [ 保護レベル ] を選択します。

    • 低 : 中高生に適切と思われる Web サイトのみ許可
    • 中 : 小学校高学年の子どもに適切と思われる Web サイトのみ許可
    • 高 : 小学校低学年の子どもに適切と思われる Web サイトのみ許可
  8. 「 URL フィルタ 」 のスイッチが点灯し、「 有効 」 になったことをご確認ください。
保護レベルを変更する
  1. セキュリティ対策ツール for Android のメイン画面から、[ 保護者による使用制限 ] をタップし、ロックを解除します。
  2. [ URL フィルタ] タブをタップします。
  3. [ 保護レベル ] を変更します。
    ※「 保護レベル 」 を 「 高 」 に変更する場合
URL フィルタを無効にする
  1. セキュリティ対策ツール for Android のメイン画面から、[ 保護者による使用制限 ] をタップし、ロックを解除します。
  2. [ URL フィルタ ] タブをタップします。
  3. [ URL フィルタ ] のスイッチをスライドし、消灯 ( グレーアウト ) の状態にします。
    • 有効の状態
    • 無効の状態
このページの情報は、参考になりましたか?