アプリの使用制限機能について

概要

制限するアプリを設定することで、インストールしているアプリの起動を制御することができます。
「アプリの使用制限」機能を利用される場合は、セキュリティ対策ツール for Android のパスワードが必要です。
  • 「アプリの使用制限」機能を有効化すると、使用を制限したアプリの起動時に、毎回、セキュリティ対策ツール for Android のパスワードの入力を求められます。
    セキュリティ対策ツール for Android のパスワードは、「アプリの使用制限」機能、または「 URL フィルタ ( 有害サイト規制 ) 」機能を初めて有効化する際に設定します。
  • セキュリティ対策ツール for Android のパスワードが不明の場合、セキュリティ対策ツール for Android のアンインストール以外にパスワードの初期化方法はありませんので、ご注意ください。
  • 「アプリの使用制限」機能の設定状況に関わらず、「アプリの安全性チェック 」機能は動作します。
  • セキュリティ対策ツール for Android のパスワードについては、以下の関連情報をご覧ください。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

アプリの使用制限機能の設定方法
  1. セキュリティ対策ツール for Android を起動します。
  2. [ 保護者による使用制限 ] をタップします。
  3. ロックを解除します。
    ヒント
    初めて 「 保護者による使用制限 」 を開く場合は、ロック設定が必要です。
  4. [ アプリの使用制限 ] のスイッチをスライドします。
    スイッチが点灯している場合が 「 有効 」、消灯 ( グレーアウト ) している場合は 「 無効 」 の状態です。
    ※ 初期設定は、無効 です。
    • 有効の状態
    • 無効の状態
  5. 使用を制限したいアプリをタップします。
    ※ 初期値では、「 設定 」 アプリのみ、選択されています。
    ※ 使用を制限したいアプリが 「 カメラ 」 アプリの場合の手順です。
  6. 」のマークが、 「 」 の状態になったことを確認したら、画面左上の [ ] ( 戻るボタン ) をタップします。
ロック対象アプリを起動した際の操作方法
  1. ロック対象アプリを起動すると以下の画面が表示されますので、パスワード入力後 [ ロックの解除 ] をタップします。

    ロックの 認証に 「 パターン 」 または 「 PIN 」 を設定されている場合は、以下の画面が表示されます。
    • ロックの認証が 「 パターン 」 の場合
    • ロックの認証が 「 PIN 」 の場合
  2. ロック解除後、アプリが起動します。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール方法
再インストール方法
アンインストール方法
動作環境
基本的な機能
アプリの安全性チェック
Web脅威/ネットワーク対策
メッセンジャー対策
保護者による使用制限
端末の最適化
アプリの管理
迷惑着信対策
トラブルシューティング
アップデートができない
よくあるご質問