リアルタイムスキャンを有効 / 無効にするには

概要

リアルタイムスキャンはインストール時の初期設定で 「 有効 」 の状態になっています。
インストール後にリアルタイムスキャンの 有効 / 無効 を変更する手順をご案内します。

対象

対象製品:
対象サービス:

回答

リアルタイムスキャンの有効 / 無効を設定する
  1. セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動します。
  2. メイン画面の [ ] ( 設定ボタン ) をクリックします。

    ※ 上記画像は、セキュリティ対策ツール Ver.12 の画面を使用しています。
  3. 「 コンピュータの保護設定 」の画面が表示されます。
    [ リアルタイムスキャンを有効にする ] をクリックし、チェックを入れます。
    チェックが入っている場合が「 有効 」、入っていない場合は「 無効 」の状態です。
      ※ 初期設定は、 有効 です。

    ヒント
    セキュリティ対策ツールのタスクトレイアイコン ( カプセルマーク ) をクリックして表示されるメニューからも、リアルタイムスキャンの設定変更が可能です。
    [ リアルタイムスキャン ] の左側にチェックがある場合は「 有効 」、チェックがない場合は 「 無効 」 の状態です。
    有効 / 無効を切り替えるには、[ リアルタイムスキャン ] をクリックします。
    ( ※ タスクトレイに全てのアイコンが表示されていない場合は、 [ △ ] をクリックすると隠れているアイコンが表示されます。 )
  4. [ OK ] をクリックし、「 コンピュータの保護設定 」画面を閉じます。
  5. メイン画面は、画面右上の [ × ] をクリックして閉じます。
リアルタイムスキャンを無効にした場合
  • 「 コンピュータの保護設定 」画面で [ OK ] をクリック後に、「 保護機能が無効です 」 という画面が表示されます。
    [ OK ] をクリックすると、30 分後にリアルタイムスキャンが有効になります。
    [ コンピュータを再起動するまで保護機能を無効にする ] をクリックした場合は、パソコンを再起動するまで、リアルタイムスキャンが有効になりません。

  • セキュリティ対策ツールのメイン画面には、「 重要な保護機能が無効です 」 と表示されます。
    [ 今すぐ有効にする ] をクリックすると、リアルタイムスキャンが有効になります。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問