予約スキャンの自動設定について

概要

セキュリティ対策ツールの予約スキャンは、「 自動設定 」 と 「 手動設定 」 を選択できます。
初期設定では「 自動設定 」 が選択されており、コンピュータの使用状況により適切なスキャンのタイミングで、自動的にスキャンを開始します。

■初期設定時のスケジュール
スキャン日時 スキャン対象
自動設定 Windows システムフォルダ
ご注意
予約スキャンは、パソコンの電源が切れている時やログオフ状態では動作しません。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

  1. セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動します。
  2. メイン画面の [ ] ( 設定ボタン ) をクリックします。

    ※ 上記画像は、セキュリティ対策ツール Ver.12 のメイン画面を使用しています。
  3. 「 コンピュータの保護設定 」 画面左側の [ 予約スキャン ] をクリックします。
  4. [ 予約スキャンを有効にする ] にチェックが入っていることを確認します。
    チェックが入っている場合が 「 有効 」、入っていない場合は 「 無効 」 の状態です。
    ※ 初期設定は、 有効 です。
  5. [ 自動設定 ] が選択されていることを確認します。
  6. [ OK ] をクリックし、「 コンピュータの保護設定 」 画面を閉じます。
  7. メイン画面は、画面右上の [ × ] をクリックして閉じます。
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問