ランサムウェア対策機能

概要

ランサムウェア対策機能についてご説明します。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

ランサムウェア対策機能では、データを不正に暗号化したり変更するといったような、未知のランサムウェア ( 身代金型要求ウイルス ) によるものである可能性のある動きをブロックいたします。
ランサムウェアが不正な変更をする前に影響を受けるファイルをバックアップし、バックアップファイルをもとに、変更された内容を元に戻します。
その後、ユーザーにランサムウェアが行う動作と類似の動作があった事をポップアップ ( ※下記のブロック画面 ) でお知らせします。
ランサムウェアとは、マルウェアの一種です。
感染したコンピュータは、システムへのアクセスを制限され、ユーザーのデータを 「 人質 」 にとられ、データ回復のために「 身代金 ( ランサム:ransom ) 」 の支払いを要求されます。
  • ブロック画面
ユーザーは、ポップアップまたは、ログ ( 履歴 ) から、その不正な動きのあったプログラムを今後、[ 許可 ] するか [ 削除 ] するかを選択する事ができるようになります。


ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームもあわせてご利用ください。
お問い合わせフォーム
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートができない
よくあるご質問