セキュリティ対策ツール for Mac のWeb脅威対策機能について

概要

セキュリティ対策ツール for Mac のWeb脅威対策機能についてご説明します。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

「Web脅威対策機能」とは、ご利用のパソコンを安全ではないWebサイトから保護する機能です。
有害プログラムが隠されているページや、正規のWebサイトを偽装して情報を盗み取る「フィッシング詐欺」の兆候を示すページをブロックします。 「フィッシング詐欺」とは、金融機関などを装ったメールを送るなどして偽のWebサイトへ誘導し、ログイン情報やクレジットカード情報などをだまし取ろうとする詐欺のことです。

技術供与元であるトレンドマイクロ社のデータベースには、過去に不正プログラムの転送や、オンライン詐欺に関わった危険性の高いWebサイトの情報が蓄積されています。 Web脅威対策機能では、お客さまがアクセスしようとしたURLの情報を暗号化してトレンドマイクロ社のサーバへ送信し、そのWebサイトの安全性をチェックします。 Webサイトの安全性が確認できないときは、ページの表示をブロックします。

Web脅威対策機能に対応したブラウザについては、以下の関連情報をご確認ください。

Web脅威対策機能の有効/無効を切り替える場合は、以下の関連情報をご確認ください。
※セキュリティ対策ツール for Mac のインストール時、トレンドマイクロ社の使用許諾契約書に同意の上でインストールを進まれた場合、 Web脅威対策機能は初期設定で有効になります。


ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームもあわせてご利用ください。
お問い合わせフォーム
このページの情報は、参考になりましたか?
調べたい内容を探す
インストール関連
インストール方法
再インストール方法
アンインストール方法
動作要件
ダウンロード
基本的な機能
ウイルス対策
プライバシー設定チェッカー
Web脅威対策
有害サイト規制
トラブルシューティング
アップデートができない
よくあるご質問