調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問

Web 脅威対策で特定の Web サイトがブロックされないように例外設定したい

概要

「Web 脅威対策」 で、特定のサイトの表示を 「許可」 する場合は、該当の URL を例外設定に追加します。
追加した例外設定は、編集、削除も可能です。
ご注意
  • 例外設定でアクセスを許可した Web サイトは、「Web 脅威対策」 によるブロックの対象外となります。
    安全性が確認されているページのみ、例外設定を行ってください。
  • 例外設定は、セキュリティ対策ツールの 「URL フィルタ」、「Web サイト安全性評価」、「Web 脅威対策」 に共通して適用されます。
  • ご利用のパソコンに設定されている、すべてのユーザアカウントに適用されます。

対象

対象製品:
対象サービス:

説明

例外設定の操作をを選択してください。
例外設定に追加する方法を選択してください。
例外設定は、最大400件まで登録可能です。
  1. セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動します。
  2. メイン画面の [ ( 設定 ) ] をクリックします。

    ※ 上記画像は、セキュリティ対策ツール Ver.11 のメイン画面を使用しています。
  3. 「コンピュータの保護設定」 画面左側の [例外設定] → [Web サイト] を順にクリックします。
  4. [+追加] をクリックします。
  5. 「項目の追加/編集」 画面で、URL の追加方法を選択します。
    • 手動で URL の追加・編集を行う場合
      [URL を追加/編集する] を選択し、例外設定するサイトの URL を入力します。
      URL は完全に入力してください。
       例:
       ○ http://www.example.co.jp
       × http://example.co.jp
      ※ URL の一部のみを入力する場合は、「*」 を使用します。
      ※ 日本語ドメインはご利用いただけません。

    • Internet Explorer の 「お気に入り」 から選択して追加する場合
      [Internet Explorer の 「お気に入り」 をインポートする] を選択し、Internet Explorer のお気に入りより、例外設定するサイトの URL をクリックします。
      複数選択する場合は、キーボードの 「Ctrl」 キーを押しながら、追加する URL をクリックします。
      ※ Internet Explorer 以外のブラウザからは追加できません。
    「処理」 の [証明書を許可] または [Web サイトを許可] を選択し、[OK] をクリックします。
    ブロックするサイトの URL を追加する場合は、「禁止」 を選択します。
  6. [OK] をクリックし、「コンピュータの保護設定」 画面を閉じます。
  7. メイン画面は、画面右上の [×] をクリックして閉じます。
  1. セキュリティレポートより 「ログ ( 詳細 ) 」 画面を開き、「表示の選択」 の「Web 脅威対策」 を順にクリックします。
  2. 例外設定に追加する URL が表示されている行をクリックします。
    「詳細の表示」 で [許可] をクリックします。
    ※ セキュリティ対策ツール Ver.8 / 23 をご利用の場合は、[承認] と表示されます。
  3. 「ブロックした Web サイトを許可する」 画面で [はい] をクリックします。
  4. 「Web サイトを許可しました」 画面で [OK] をクリックします。
    許可した URL が例外設定に追加されます。
  1. セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動します。
  2. メイン画面の [ ( 設定 ) ] をクリックします。

    ※ 上記画像は、セキュリティ対策ツール Ver.11 のメイン画面を使用しています。
  3. 「コンピュータの保護設定」 画面左側の [例外設定] → [Webサイト] を順にクリックします。
  4. 編集する URL の行の [( 編集 ) ] をクリックします。
  5. 「項目の追加/編集」 画面で、内容を編集し [OK] をクリックします。

  6. [OK] をクリックし、「コンピュータの保護設定」 画面を閉じます。
  7. メイン画面は、画面右上の [×] をクリックして閉じます。
  1. セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動します。
  2. メイン画面の [ ( 設定 ) ] をクリックします。

    ※ 上記画像は、セキュリティ対策ツール Ver.11 のメイン画面を使用しています。
  3. 「コンピュータの保護設定」 画面左側の [例外設定] → [Web サイト] を順にクリックします。
  4. 削除する URL の行のチェックボックスをクリックしてチェックを入れ、[削除] をクリックします。
  5. [OK] をクリックし、「コンピュータの保護設定」 画面を閉じます。
  6. メイン画面は、画面右上の [×] をクリックして閉じます。
このページの情報は、参考になりましたか?