調べたい内容を探す
インストール関連
インストール
アンインストール
ダウンロード
動作要件
基本的な機能
ウイルス対策
Web脅威対策
保護者による使用制限
情報漏えい対策
プライバシー設定チェッカー
SNSプロテクション
トラブルシューティング
アップデートが出来ない
よくあるご質問

ジョークプログラムとは

概要

ジョークプログラムについて、教えてください。

対象

対象製品:
対象サービス:

回答

ジョークプログラムは、ユーザを驚かす目的で作られており、破壊活動やワーム活動を行うものではありません。

しかし、ほとんどのユーザにとって迷惑に感じられるものもあるため、セキュリティ対策ツール Ver.9 / Ver.11 / Ver.24 / Ver.26 ではスパイウェアパターンにて検出対応しています。

ジョークプログラムは、故意にファイルを配布しなければ広まることはありません。
システムの改変も行わないため、ファイルを削除することが対応方法となります。

セキュリティ対策ツール Ver.9 / Ver.11 / Ver.24 / Ver.26 の環境では、以下のチェックを入れることにより、ジョークプログラムを削除することができます。 また、削除したくない場合はチェックを外してください。
ジョークプログラムの自動削除を有効 / 無効にする
  1. セキュリティ対策ツールのメイン画面を起動します。
  2. メイン画面の [ ( 設定 ) ] をクリックします。

    ※上記画像は、セキュリティ対策ツール Ver.11 のメイン画面を使用しています。
  3. 「コンピュータの保護設定」の画面で、「ジョークプログラムの自動削除を有効にする」 の項目にチェックが入っているかをご確認ください。
    チェックが入っている場合は「有効」、入っていない場合は「無効」の状態です。
    ※初期設定は、 Ver.9 / Ver.24 の場合は 有効 、Ver.11 / Ver.26 の場合は 無効 です。

  4. [OK] をクリックし、「コンピュータの保護設定」画面を閉じます。
  5. メイン画面は、画面右上の [×] をクリックして閉じます。

項目にチェックが入っていないにも関わらず削除される場合は、以下関連情報を参考に該当のプログラムを例外設定に追加してください。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームもあわせてご利用ください。
お問い合わせフォーム
このページの情報は、参考になりましたか?