回線を変更した

概要

お引越しや契約回線のご変更等で、NTT 西日本でご契約いただいている光回線、もしくは光コラボレーション事業者が提供する FTTH アクセスサービスを変更された場合、 ご利用のセキュリティ対策ツールを切り換えていただく場合がございます。
回線に合わないセキュリティ対策ツールをご利用いただくとセキュリティ機能が無効になる場合があります。

以下の手順に沿って、ご利用状況の確認をお願いします。

対象

対象製品:
対象サービス:

手順

手順 1 ご契約頂いている回線の確認
新しくご契約いただいた回線を確認します。
NTT 西日本から郵送でお送りしている開通時の書類や設定マニュアルなどをご確認ください。
「 光コラボレーション事業者が提供する FTTH アクセスサービス 」をご契約のお客さま
「 フレッツ 光ネクスト 」、「 フレッツ 光ライト 」 をご契約のお客さまは、 標準装備として、Windows OS 、 mac OS ( Mac OS X ) 、Android OS のいずれかに 「 セキュリティ対策ツール 」 を 1 台 ( 1OS ) 分インストールしていただけます。
「 光コラボレーション事業者が提供する FTTH アクセスサービス 」をご契約のお客さまは、セキュリティ対策ツールが標準装備として提供されているかどうかについて、光コラボレーション事業者さまへご確認ください。
手順 2 セキュリティ対策ツールのバージョン確認
パソコンにインストールされているセキュリティ対策ツールのバージョンを確認します。
確認方法については、以下の関連情報をご覧ください。
手順 3 セキュリティ対策ツールの切り替えが必要か確認
「 フレッツ 光ネクスト 」 、「 フレッツ 光ライト 」 、「 光コラボレーション事業者が提供する FTTH アクセスサービス 」 の環境で動作するセキュリティ対策ツールは、Ver.13 です。
Ver.13以外のセキュリティ対策ツールをご利用の場合や、「 保護機能が無効です 」と表示されている場合には、セキュリティ対策ツールの再インストールをお試しください。 ※ 契約状況によっては、そのままご利用できる場合もあります。セキュリティ機能が無効の場合のみ実施してください。
このページの情報は、参考になりましたか?